2007年07月28日

ある意味出さないと損

就職活動では面接のあとに選考が行われるのですから、面接が終わった際にお礼の意味で礼状を出しておくことで自分のアピールにすることもできますので合格のための評価が上がる可能性もあるわけです。
感謝の内容によっては受け取った人の感じることも異なると思いますが通常は礼状を受け取ってもその人のイメージが悪くなることはないであろうと思われます。

 ある人の場合ですと入社してすぐの頃に人事担当の上司から、入社のきっかけが面接の礼状だったと教えられたという経験のある人もいるようですので、礼状はある意味出さないと損であるとも言えるかもしれません。
その人の場合は書類選考のときに礼状を一通、そのほかに其の同じ会社の選考時には4回の面接が行われたそうなのですが其の4回ぶん4通礼状を作成して出したということです。
これ等は通常ですと考え付かないことにもなるかもしれませんが、こうした通常の行動から一歩進んでプラスアルファのことを行ってこそ得られた合格なのかもしれません。

先生宣伝倉庫相談総合商社総務葬祭葬祭業造園測量代理店大学大学職員大使館大手広告代理店第二新卒託児所探偵団体職員知財知能情報地盤解析地盤調査地盤保障地方銀行地方公務員着付中古車中高年中国語中国地方中小企業診断士調理通信通訳鉄道店舗店舗開発伝統工芸電気電気工事士電気主任技術者電気通信電気通信主任技術者電子回路土地家屋調査士土木土木技術者土木施工土木造園投資銀行東海地方東京国際フォーラム動物動物占い特許特許事務内装業二級建築士日経



Posted by ninanina at 04:20