2007年07月28日

相手にもよりますが

時候の挨拶の文章頭としては1月から始まり「厳寒の候 新春を迎えて寒さも厳しくなってくる此の頃、、、」などから2月「余寒の候 節分のころですが窓を開け放つにはまだまだ寒さは抜け切らない此の頃、、、、」、3月「早春の候 桃の節句を迎えましたがこの地方では雪が残り春までもう一歩といったところです、、、」、4月では「陽春の候 花の色合いが美しく感じられるころになりました、、、」5月では「新緑の候 端午の節句にこいのぼりが空高くおよいでおります、、、」などの挨拶から始まり、内容としてはお祝いをいただいた感謝の気持ちをお礼として述べ、結婚した二人の喜びを伝えるようにします。
その際は新居などにも立ち寄るようにお願いするとよいでしょうし、相手にもよりますが友人などに対してはあまり気負いをしないで、自分なりの自然な表現を行うと良い礼状がかけるようです。

上海就職香港台湾台湾企業ドイツドイツ語ニュージーランドサイパンハワイフィリピンフィンランドブラジルフランスランス語ベトナムポルトガル語マレーシアロシアロシア語ニューヨークロンドン信用金庫労働金庫書店玩具株式会社財団法人監査法人社団法人公益法人未経験学校法人30代20代50代年収薬局



Posted by ninanina at 03:18